8月16日は、「大文字」の送り火どす。

8月16日は、「大文字」の送り火どす。

8月7日頃から、お精霊(しょうらい)さんを、15日までにお迎えし、16日にあの世にお帰りになるのを送るのが、「大文字の送り火」
京都は、五山(東山如意が嶽・松ヶ崎西山・東山・西賀茂船山・金閣寺近く大北山・嵯峨曼荼羅山)の大文字(右)より左回りに点火されます。市内のビルの照明が、その時間だけ消されて、約30分間の点火です。ご先祖様が、あの世へお帰りになる道しるべとしての送り火です。
「大文字(右)」20時
「妙法」    20時05分
「船形」    20時10分
「左大文字」  20時15分
「鳥居形」   20時20分
当日は、送り火観賞のバスも出ます。当館からは、三条大橋の上からが、一番よく見えます。
また、御所の「寺町御門」からは、右大文字が、御門を額縁にしたように、きれいに見えます。